2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ラーメンツアーを開催!! | トップページ | 手話ダンスグループが来ました »

2010年3月29日 (月)

平成22年3月26日 M高校:校長先生等の引率で学生さんら37人の見学

Cimg13281_3 

工藤施設長のお話し。

「工藤施設長」あらゆる利用者の尊厳を守り支援しています。生まれながら

         に路上生活者はいません。路上生活者に対する偏見や誤解

         を取り除く努力をしつつ、社会生活自立に向け各関係機関と

         連携を取りながら、あらゆる社会資源を活用し職員一丸とな

         って二度と路上生活に戻らない為の支援を行なっていること

         を基本にお話ししました。今までも外国人を含む多くの見学

         者が来訪されていますが、この度の学生さんは春休みにも関

         わらず社会見学の一環として寿町の(簡易宿泊所街含め)見

         学をされ、非常に熱心な高校生37名でした。この出会いで、

         路上生活者に対する支援の輪が広がってくれることを願いお

         別れしました。

         

   最後に学生さん達の多大なる喝采があり、見学会は終了しました。

Cimg1329_3

                          写真撮影:ブログ制作 いちはら

« ラーメンツアーを開催!! | トップページ | 手話ダンスグループが来ました »

ホームレス自立支援関連事業」カテゴリの記事

コメント

工藤さんの話、インパクトあったことでしょう。
ちょっと縁の遠い存在、と感じてきた「ホームレス」が、より身近に、支援するべき対象として、これから話を聞いた学生さんの目に写っていくことでしょうね。

匡済会として、とても大切な情報発信プロパガンダだと思います。。
工藤さんご苦労様でした。

はまかぜに高校生が来るとは時代がかわったと感じます。
いい意味でも悪い意味でも、この問題が特別なものではなくなったということでしょうか

工藤さんのお話しは何度かお伺いしたことありますが、説得力が充分です!屹度、高校生達も納得されて帰られたことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ラーメンツアーを開催!! | トップページ | 手話ダンスグループが来ました »