2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ☆3月3日☆ | トップページ | ☆工藤施設長、散髪通算6,000名達成!!☆ »

2011年3月 8日 (火)

寿で暮らす人々NO21  死して安らか・・・・  Nさん

木蓮の大きな花が、白寿層の駐車場で見られました。

春弥生の季節を迎えました。

寿福祉センターのねむの木も、もう少しで、緑の葉っぱを芽生えさせるころですね!!

今回は、「死して安らか  Nさんのこと」  

Nさんの名前を聞くと、寿の人は、恐れおののき・・・・・

村田さんと、Nさんの、30分にわたる、相撲の大一番があったり・・・・  

「kotobuki21.doc」をダウンロード

« ☆3月3日☆ | トップページ | ☆工藤施設長、散髪通算6,000名達成!!☆ »

コメント

「人を支援する」という事が、言葉では言い表せないぐらい深い行為である事が、具体的に伝わってくる内容ではないでしょうか。
時には肉体と肉体の激しい衝突があって当たり前なのかもしれません。
最近の支援でこのような行為をとれば、「虐待」と捉えかねられませんが。
今、「スクール」という学校の現場における教育問題に真っ向から向き合ったドラマを興味深く見ています。そのドラマの中で、「愛のない暴力は連鎖する」「愛をもてないやつは殴ってやらない(愛情を持てない対象には暴力は振るわない)」などのセリフが出てきます。セリフだけ聞くと誤解を生じる面もあるかと思いますが、真剣に向き合っていれば、時に暴力を持って指導しなくてはならない場面もあるかもしれないが、それはそこに愛情がある場合に限り許される、という解釈かと思います。厳密な取扱いは、この場では言い尽くせませんが。ただ、このNさんには、支援上肉体的なぶつかり合いが欠かせないケースであったのではないか、そんな思いに駆られました。やはり、今回も安易な感想は言えない内容です。

私もこのドラマを見ています。
「熱い思い」が、底流で、ほとばしっていますよね。これを「愛」というのでしょうか・・・・
「愛のない暴力は連鎖する」「愛がないから殴ってやらない!!」  考えさせられる言葉ですね。

村田さんは、まさに「愛をもって」とりくんでいたんですよね!

いつもコメントありがとうございます。
亡くなった方のことは、なぜこうも懐かしく、肯定的に思えるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿で暮らす人々NO21  死して安らか・・・・  Nさん:

« ☆3月3日☆ | トップページ | ☆工藤施設長、散髪通算6,000名達成!!☆ »