2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

施設利用団体連絡会開催(踊場地域ケアプラザ)

3月30日、施設利用団体連絡会が開催されました。この会は、踊場地域ケアプラザを利用している団体が年に一度集まるものです。すべての団体ではありませんが、50名近くの方が参加されました。

Cimg0025


今回は、ケアプラザで地震や火災などの災害が起こったとき、利用者さんにどう行動してほしいか、具体的な話を法人防災担当の吉池氏にしていただきました。

また、施設の利用ルールの確認や、ホームページの活用の説明のほか、団体さんからもご要望やご意見をいただき、1時間30分の中身の濃い会となりました。

<踊場地域ケアプラザコーディネーター 生田>

2012年3月28日 (水)

卒園を祝う会

3月23日(金)に 卒園を祝う会がおこなわれました

公立から民間移管して初めてで、公立から通して36回目の卒園を祝う会です。

Dscf3701

会場は職員の手作りで、前日に準備をしました。

Dscf3698_2


Dscf3700


卒園児は真ん中の花道を通って、卒園証書をもらいます。

保護者の皆さんは、もう号泣です。長い子は5年間保育園に通っているんです。

保護者の方も毎日の送迎…様々の思いでもあり、感慨深いものがありますよね。

4月になると、卒園児の代わりに新入児が入ります

そして、卒園児も新1年生になって、小学校へ入学ですね

4月から新たな気持ちで始まりを迎えたいと思います


2012年3月27日 (火)

巣立ち

3月15日(木)にお別れ会を行いました。

各クラス心を込めてプレゼントを作り卒園児ひとり一人に渡しました。

P1100518_2 P1040664_3

 1年間を思い出しながらみんなで歌を歌ったりプレゼントの交換をしました。

  1・2歳児は手形を押した袋(お土産を沢山入れるので・・・・・)

P1030248_3 P1040959_5

2歳児は卒園児と一緒に映した写真を入れた写真立て。

3歳児はペン入れ(入れるところが3か所もありました)

4歳児は状差し(コアラの顔が可愛い)

P1100540

先生達からはお菓子のネックレス かいい~でしょ。

3月23日(金)卒園式を行いました。

P1010094 P1010085

園長先生のお話は少しなが~いけど、頑張って最後まで聞きました。

一人ずつ前に出て担任からお祝いの言葉を頂きました。(とても感動的でな・み・だ・が・・・)

Dsc_0141_2

4月から大倉山保育園に移動する園長先生にサプライズで卒園証書を授与しました。

43年8か月寿福祉センターに勤務していただきました。3月で一緒に卒業です。

本当に長い間お世話になりました。巣立っていった子ども達と保育士みんなで

             ありがとうございました

2012年3月22日 (木)

お別れ会がありました!!

3月14日(水)

くじら組のお兄さん、お姉さんのお別れ会がありましたBlog

Img_2648_4

Img_2696_2

Img_2680_2

卒園児にプレゼントを渡し、みんなで「みんなともだち」を歌ったり、マジックショーを

見ました

最後は先生たちからのメッセージに涙する子もいましたが素敵なお別れ会となりました

2012年3月15日 (木)

ことぶきで暮らす人々34  ハッタリさん

今回はハッタリさんのこと。

村田さんの独白

「寿町は、無名の人々が肩寄せ合っている。僕は、<無名の生の痕跡>に関わって、

なぜか、人間が好きになっている・・・・・・・」

「totobuki34.doc」をダウンロード

Cocolog_oekaki_2012_03_15_14_59

ジャガイモ植えました(踊場地域ケアプラザ)

3月15日、良い天気になりました。畑の季節到来です。

踊場ケアプラザでは、ボランティア団体「はさみの会」が地域の障がい者作業所が行っている畑のお手伝いをしています。
今日は、種イモを植えました。はさみの会のメンバーと、作業所のメンバーに加え、偶然、プラザに交流実習で来ていた浦舟園の職員にも参加していただきました。

120315_1014


肥料(鶏糞)を蒔いた上に30センチ間隔で種イモを置いていきます。

120315_1015


実習生もお手伝いです。

さて、順調にいけば6月末には収穫です。楽しみですね

<踊場地域ケアプラザ 地域交流 生田>

2012年3月14日 (水)

3月11日

現地では、雪が降ったり寒い日が続いています。

東日本大震災が起こってから3月11日で丁度一年を迎えました。

20120312_112639

現地では追悼式や慰霊祭が行われています。

更宿連は追悼式が行われている間、留守が増える仮設住宅を相談員と共に巡回しました。

先日高額でみかんを売る業者等、心無い方々がいたことから注意深く、気合を入れて回りました。

幸い警察も巡回しており、3月11日は不審者などは見つかりませんでした。

業務終了後、特に被災が強かった坂元という地域の坂元駅にて慰霊祭が行われるそうなので、加賀美大内が出席し、竹灯篭にそれぞれメッセージを書き火を灯しました。坂元駅はホームしか残っておらず、周囲は何もなくなっていたり未だ瓦礫の山があることから津波の恐ろしさの片鱗が伺えました。

20120311_175552

被災にて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

                   文責 横浜市ホームレス自立支援施設はまかぜ職員 大内

2012年3月10日 (土)

ミニライブ

現地に入って五日がたちました。徐々に暖かくなってきたとはいえまだまだ寒く、今日は雪が積もるなど厳しい気候が続きます。

さて、現地での支援として、山元町ボランティアセンターの後方支援が主な業務となっています。中身としては、仮設住宅への訪問および相談、また仮設住宅は10の集落に分かれており、それぞれの住民の交流の場としてお茶っこサロンというものを10時~15時の間で各集落で週1回開催しており、そちらでの準備、片付け、また一緒にミサンガをつくったりお話を聞いたりと活動しています。

大内が作った人形

20120309_105735

そのお茶っこサロンにて、私加賀美がトランペットの演奏をしてきました。

20120309_140123

曲は地元ラジオのテーマである「りんごの唄」、他には「青い山脈」「川の流れのように」「津軽海峡冬景色」「太陽にほえろ」「正露丸CMテーマ」といろいろ演奏しました。お茶っこサロンに来ている人たちが一緒に歌ってくれたりして、また笑顔も見ることができ、演奏した私も楽しむことが出来ました。集会に参加している人たちの笑顔と笑い声に私が一番励まされました。演奏する機会を作っていただいたボランティアセンターの職員さん、つたない演奏を笑顔で聞いてくれ、一緒に歌ってくれた参加者の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。今後も積極的に、音楽をとりいれた支援ができるといいなと感じました。

また、仮設住宅でのトラブルも現状としてあります。今日は許可なく仮設住宅にみかんの訪問販売を行う業者に実際に遭遇しました。

仮設住宅での訪問販売をするには、役所の許可が必要なのですが、その許可もなく、また値段の標記もなしに販売を行っていました。(相場はわかりませんが高額でした)同様のことが今までにもあり、住民からの苦情も何件もあがっている状況であることもあり、今回は警察を呼び、厳重注意をしてもらいました。

このような業者には本当に憤りを感じます。このようなことが本当に無くなるように、住民との連携を強くして活動していく必要があると感じました。

                  文責 横浜市ホームレス自立支援施設はまかぜ職員 加賀美

2012年3月 7日 (水)

現地に入りました!

宮城県山元町に到着しました。加賀美、大内両名は震災派遣第29クールで、3/6~3/16の間山元町ボランティアセンターにて活動していきます。

まだ少し雪が残っていましたが、僕たちが到着したときはかなり暖かくなっていました。

20120306_12512

今回の業務内容は前回のはまかぜからの震災派遣のそれと変わり、ボランティアの方々の調整・誘導・補給等でなく、復興支援センターの相談員の方々に同行しそのフォローにまわる事がメインとなっています。

初日から復興支援センターの仮設住宅への訪問相談に同行させていただけることになり、東田北・ナガワという地区の仮設住宅に大内、加賀美が同行しました。

もうすでに仮設住宅にいらっしゃらない方も沢山いたのですが、何人かにお会いする事ができ今仮設住宅で困っている事を伺えました。復興支援センターではそこで伺った困り事をケースに応じて町役場等に繋いでいく手助けをするという活動をしており、はまかぜでの業務にも近いものを感じました。

これから3月16日までの間がんばります!

20120307_084930

はまかぜ生活支援員 大内、加賀美

文責 大内

傘布エコバック講座 (緑ほのぼの荘)

 平成24年3月5日(月)

 エコバック講座を開催いたしました。

 使わなくなった傘をエコバックに変身させます。

 買ってすぐに壊れてしまったり、思い入れのある傘ってありますよね。

 捨ててしまうのはもったいないし、置いておくには場所をとるし、どうしよう?

 と思っている方はたくさんいらっしゃるはずです。

 

                傘骨から布を取り外して、 型に切り縫います。

           Dsc00194_2       

         みなさん楽しそうに、すごいスピードで縫い上げていくのでビックリ

        Dsc00196

                 かわいいバックが出来上がりました

Dsc00197

         傘布なので防水加工もしてあり、雨の日でも 使えます。

         また、傘を束ねる留め具を使い小さく折りたためば、持ち運びにも

         便利です。

         自分の分だけではなく、家族やお友達に差し上げても喜ばれますよね

                                                  池澤

2012年3月 5日 (月)

お店屋さんごっこ

2月28日(火)にお店屋さんごっこを行いました。

3・4・5歳児(3クラス合同)の縦割りでグループを作りそのグループで活動をしました。

おもちゃ屋さん・アクセサリー屋さん・紐引き(お菓子)・乗り物屋さん・ボーリング屋さん・魚釣

屋さん・に分かれ5歳児が3・4歳児をリードしながら準備をしました。

P1100340  P1100365_3                        おもちゃ屋さん    

自分たちで作った商品を お客さんにアピールしながら・・・いらしゃいませ~

P1100343_2 P1100386

     アクセサリー屋さん                 ボーリング屋さん   

  「これはいかがですか~」             ストライクはなかなか出ませんね

P1100443 P1100394

      乗り物屋さん                     魚釣り屋さん  

運転手さんは交通事故に注意して・・・・・      大きい魚が釣れたかな!!

                P1100415    

                          紐引き 

       紐の先には~みんなの大好きなお菓子がついていました 

              お気に入りのお菓子が引けたかな 

   1・2歳児に人気だったのは乗り物屋さんと魚釣り屋さん、3・4歳児に人気だったのは

  ボーリング屋さんと魚釣り屋さんでした。もちろんお菓子が釣れる紐引き屋さんは全員に

 大人気でした もちろん先生達も紐引きをしました(欲しいものを定めて引いてました

  

                           

                                   

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »